羽賀れなさん初個人撮影会に参加して花火が打ち上がったかもしれない話

7月29日は、羽賀れなさんの初個撮。行ってきた。

羽賀れな

PLAYZONE撮影会の両国スタジオは初。JR両国駅からだと徒歩20分くらいで、このテの物件にしてはそこそこ遠い。この日はよりによって隅田川花火大会当日で、行く道はその準備中だったりでちょうどいい食事処に出会えず、コンビニのおにぎりを店の前で頬張るという。

到着したビルをエレベーターで上る。スタジオは7、8Fで、受付はその8F。玄関口から覗いた景色は思ったより広くて、同じPLAYZONEでも秋葉原や四ツ谷よりはぜんぜん良さそう。

時刻は前の部が終わったちょうどくらいだったんで、控室へ下がる羽賀ちゃんと遭遇してしまい、軽く会釈なんかする。何度かセッションで会っただけでも覚えてくれてたらしい。

受け付け。ここは客の荷物置き場がないそうで、荷物は割り当ての部屋へ各自で持っていくのだそう。部屋割りは事前に決まってるらしく、女の子の名前をいうと「7Fのベッドルームです」なんて指示された。部の真ん中で一度場所移動があって、そこも「8Fのキッチンです」と。まあその日にモデルさんが何人いるかによって変わりそうだけど。

んで最初のベッドルームで待ってると、羽賀ちゃん登場。「えっ?」て顔される。さっきは自分を撮りにきたって思われてなかったらしい。なんかそういうの多いなー。好意が伝わらないんだよなー。なんでかなー。

羽賀れな

ベッド脇には撮影用のライトがあったんだけど、傘のシルバーが強くてあざといから消しちゃってた。ベッド後方の窓からの光でじゅうぶんだったし、その方が自然。

羽賀れな
羽賀れな

羽賀ちゃんは何も言わなくてもいい感じでポーズをとってくれる。ベッドだからとりあえずゴロゴロしてればOK。こっち方面のキャリアは少ないって言ってたけど、ポージングとかはそんなことないんだよね。

羽賀れな

雑談しながらだとあっという間で、スタッフの「移動でーす」に促される。

羽賀れな

キッチンはちょっと狭いかなー。それと、なぜか荷物がテーブルに置きっぱなし。誰のだよ、荷物置き場じゃねえぞー。

羽賀れな
羽賀れな

と、同フロアで空いてた半外スペースもどうぞってことだったんで、そこへ。むわっと外気。でも室内の空調を寒がってた羽賀ちゃんには気持ちよかったらしい。

羽賀れな

部屋へ戻って、その狭いキッチンで、セクシーな感じで撮る(あっ、水着は掲載NGです…)。最後にツーショットを撮影してもらい、終了。

僕はあんまりポージングを指示しないんで、モデルさんによっては棒立ちの写真をただ大量生産するだけになりがちだけど、羽賀ちゃんはそこの部分でとても〝ラク〟で、いつもと違った感じになるのが楽しい。それはセッションの短い時間でも感じてたけど、個撮でじっくりするとよけいにそう感じました。いいね!

羽賀れな

楽しかったです。また行きます~

※掲載した写真の転載はご本人と所属事務所様以外はできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください